借金の返済方法について知り、上手に借金を返済しましょう。

2009年09月25日

借金自己破産の同時廃止

借金を重ねて、自己破産に至った場合の
説明の続きです。

以前の記事で、

「なお、債務者に、(借金返済に充てるほどの)財産が無い場合は、
 自己破産の手続きは、開始と同時に廃止(終結)される「同時廃止」
 となります」

と、簡単に書きました。

今回は、この同時廃止についてです。


借金の結果、自己破産手続きを行うことになった場合は

申立て後に、破産管財人を立て、借金返済の資金に充てるために
財産の清算をするという手続きになります。

自己破産手続きで清算された財産は、債権者に
平等に配当されます。

しかし実際には、借金を重ねて自己破産に至った人は
清算できるような、めぼしい財産を持っていない場合が多いです。

そのような状況では、財産の清算して
債権者への配当へ、という手続きを行うことができません。

それ以上の、破産手続きを進めることが
できないことから

手続きを省略するという意味で
「同時廃止」手続きに移ることになります。


基本的に、財産を清算して、債権者に配当したり、
同時廃止となった場合は、

それ以上の借金(債務)については、
免責となります。


しかし、この免責が認められない場合があります。

例えば、収入に見合わない浪費やギャンブルが
借金の理由となっていたり、

計画的な破産行為とみなされてしまうような
虚偽の報告をするなどの詐欺的行為があった場合です。

このような場合は、免責不許可事由といって

自己破産の手続きをしても、
免責が認められないことがあります。


  ⇒ 法律無料相談

    (飛び先ページの一番下から無料メール相談ができます)




posted by 借金減らす at 23:06 | TrackBack(0) | 借金自己破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。